2017年10月18日

豊作だった世界限定

今年は、世界限定に縁のある年だった。3体も購入。
しかも、そのうちの2体はかなりの高額&14インチ。
来年以降、よーっぽどのデザインでない限り、こういうことはない。

年末までの発売予定(私予想)
・チーキークリスマスホリデー
・干支チーキー
・アフタヌーンティー
・クリスマスイベント新宿・名古屋高島屋

アフタヌーンティーとクリスマスイベントの発表が待ち遠しい。
午後茶のチーキー、どんな感じだろう?フランスでくるのか?
スコットランドでくるのか?はたまた全然違う所から攻めてくるのか。
高島屋は、また「おはじき」多数採用かしら?ほんと、一体誰が
推してんの?

チーキーウィッシュボーンの動向も気になるところ。ウィッシュボーン
イヤーベア2018は、12月上旬発売とのことだけど、どうしたんだろ?
来年早々かしら?発売は遅くなってもいいんで、「おはじき」だけ
勘弁してください。

某ショップの新カタログ、隈無く見たけど新作チーキー見当たらず。

2017年10月12日

初プレゼンテーションボックス

2017クリスマスチーキーベアさん(本名)には、 黒い円柱の箱が付いてきた。


今回が初プレゼンテーションボックス(メリーソートではそう呼んでいる)。
厚紙製で頑丈に出来ているが、とても軽い。


この箱はミディアムの11インチで、11~15インチのベアが入るとのこと。
上下ひっくり返した蓋に、チーキー氏を頭から突っ込ませることで、
立たせていれることもできる。が、座らせて蓋をかぶせるほうが自然だろう。
ベルベットのケープが嵩張って、座るのがかなりきつい。
この箱は、メリーソートのサイトから購入が可能。このミディアムサイズは
£6.50(約960円)。

ところでこの箱、何で日本限定には使われていないのだろう?
アフタヌーンティーやクリスマスチーキー、ボンドストリートは、依然として
アクリルの蓋付きの箱が使われているけど。

2017年10月11日

予定外の捕獲

「どんな感じか見に行くかー(買うとは言っていない)」とベアショップへ。
並べられたのを見た瞬間、「これはない」「刺繍がいいねえ」「これとこれだと
こっちかな?」と顔選びモードスイッチオン。

選んじゃったから仕様がない。捕獲決定。

2017 Christmas Cheeky Bear

今年のクリスマスチーキーさん。世界限定150体、10インチ(実寸11.5/28.5cm)。
マズルと足の裏はベルベット、手のポウはフェルト。モヘアはキャラメル色って
いう情報を見たけど、私的にはミルクティーかな。目は、以前日本限定で
よく使われていたサイズの黒。「おはじき」じゃないよ! 🎉😆🙌

ずっと気になっていたのが上着。コート?ジャケット?ケープ?ガウン?
ケープが正解のような気がする。

広げてみた。「魅せられて」の衣装を思い出した私はBBA。
表面はこれまたベルベット。背中側には何も刺繍が入っていない。

左右の上の方4cmくらいが縫い合わされ袖になっていて、ここから手を出す
ことができる。

ネットショップなどの画像を見ると、袖口から手が出ているが、私が捕獲した
チーキー氏は極端に腕が短いのか、袖口まで手が届かない(画像参照)。
無理矢理出したままにすると、ベルベットに皺が寄って跡が付きそう。
ということで、この袖、あまり役目をはたしていない。

2017年10月7日

可愛いぞ!

世界限定のクリスマスベアとチーキーが発売になった(イギリスで)。

2週間前に聞いた時は、「発売は10月末」って言われたんだけどね!
モヘアの色も、「まだはっきりわからない」って言われたんだけどね!

まっ、何か急展開があった、もしくは大人の事情なんだろう。
知らないけど。

モヘアの色はキャラメルだって。ゴールドじゃないよ!どうするんだろ、
あの画像・・・
あと、日本のネットショップは限定150体と書いてるけど、イギリスの
ショップは250体になってる。どっちが本当!?⇒150体が正解!

私のチーキーの値段予想199ポンド、的中!😆🙌

2017年10月6日

Harrods

昨日、ハロッズが日本から撤退したことを初めて知った。
今は亡き新宿三越のハロッズショップで、ハロッズ限定チーキーを
買ったのが最初で最後の利用。
限定チーキーは、もうずっと作られていないし、これから先も作られる
ことはまずなさそうなので、 チーキー購入に限って言えば、何も困る
ことはないな。

ハロッズのクリスマスベアも、イギリスのハロッズから通販が可能。
既に今年のBeartieは値下げされている。
高い送料払ってもイギリスから通販したほうが、去年のベアHughの
三越価格8,424円より安い。それに、「イギリスのハロッズからやって
来たベア!」と特別感もあり、これまた無問題、かと。

2017年10月5日

やっぱり去年と同じ。

うめだ阪急の英国フェアのサイトに、チーキーさんを発見。

★「メリーソート」社ベア特集 - 英国フェア各階 / 阪急うめだ本店

画面一番下から4つめに載っている。
10階のテディベアーズクラブで、既に発売されているチーキー
たちを集めて売る模様。
博多阪急のテディベアーズクラブには、日本橋三越で先行
販売された「チーキーダイアナ」が入荷したので、もしかしたら
うめ阪にもいるかも!?

ハリスツイードを使わないチーキーなんて

アフタヌーンティーリビングのサイトを彷徨っていたら、
ハリスツイードの商品ページに辿り着き、中華チーキー&
パンキーを発見。色的には前に発売されたものみたいだけど、
今更古いのを載せるわけないかと文章を読んでみれば、
今年の新作だった。

・ハリスツイードチーキー(ダークレッド)MとS
~アフタヌーンティーオリジナルタータン「Apple Tea」柄が
蝶ネクタイと手足のポウに使われている。
・ハリスツイードパンキー(ベージュ)MとS
~アフタヌーンティーオリジナルタータン「Evening Tea」柄が
蝶ネクタイと手足のポウに使われている。
 【shop.afternoon-tea.netにて、メリーソートで検索すると、
今年の中華チーキー&パンキーが勢揃い】→Twitterに載ってた!

アフタヌーンティーは、オリジナルタータンをスコットランド・
タータン登記所に登録(今年も新たに2柄追加)しているくらい
タータンに入れ込んでて、オリジナルタータンとハリス
ツイードとのコラボには毎年力を入れている。そして、ハリス
ツイード使用の中華チーキーも結構人気があるみたいだから、
出さないわけないか。

そうなってくると、ちょっと前の「今年の午後茶チーキーは
フレンチツイードじゃね!?
」っていう私の予想が、危うくなって
きたような気がしないでもない。イギリス生まれのチーキーには
フレンチよりもスコティッシュのほうがしっくりくるかも。
でも、目新しさでいったらフレンチツイードのほうがいいかな。
チーキーとハリスツイードのコラボはちょっとお腹いっぱい。
とか言って、デザイン見て気に入ったらネット争奪戦(今年は
盛り上がるのか!?)に参加しちゃうんだろうけど。